Jonathan Lyau

このページではランナーズルートがサポートするジョナサンをご紹介します。

彼はハワイで長らくトップランナーとして現在も活躍しており、多くのレースでタイトルを獲得しているレジェンドランナーです。
また、その知識と経験を活かし、これからの有望なランナーたちの指導・育成をしています。

また多くのランナーが彼の素晴らしい人柄に惹かれ、ジョナサンと一緒に練習を行っています。

ランナーズルートは、今後も彼の活躍を見守り、サポートを続けていきます。

サポートランナー
Jonathan Lyau

生年月日: 1964年6月27日。
出生地: ハワイ州ホノルル

個人記録
800メートル:
1:59
1500メートル: 4:00
5K: 15:08
4マイル: 19:29
10K: 31:56
15K: 49:07
1/2マラソン: 1:09:06
マラソン: 2:29:25

メッセージ
ランニングやその他運動で大切なのは、一貫性を保つことです。一貫性を保つことで、より簡単に、より楽しくできるようになります。楽しくなれば、上達もしやすくなります。そしてランニングが生活習慣となり、心身ともに健康になれるはずです。

ランナーとして

ハワイで最も優れたランナーの一人であるジョナサンは、1979年9月にマッキンリー高校の10年生だった15歳のときにランニングを始めました。 高校では3年間クロスカントリーとトラックを走り、4年生の時にはハワイ州で高校3200mトラックのチャンピオンになりました。

1979年12月にホノルルマラソンで初マラソンに挑戦し、3分23秒を記録しました。翌1980年には、マラソンで初の3時間切り(2時間57分)を達成した。 人生における5つの年代(10代、20代、30代、40代、50代)と4つの実際の年代の年(1980年代、90年代、00年代、10年代)で3時間以内のマラソンを走っており、2020年代の年代でもう1度3時間以内に挑戦する予定です。これらは全てホノルルマラソンで達成されてるものです。

彼は30年間ハワイのトップランナーとして活躍し、ハワイの多くのロードレースで複数回優勝しました。またニュージーランド、レイクタホ、ニューヨーク、日本など、各地のレースにハワイ代表選手として招待されたことも大きな出来事でした。
ジョナサンは1993年から2012年までの間に、ホノルルマラソンで17回カマアイナ(ハワイ生まれ)の中で一位。  2009年にはホノルルマラソンの殿堂入りを果たしています。

グレート・アロハ・ランには毎回出場し、2回(1994年、2002年)優勝しています。
また彼は1500m走では、50-54歳、55-59歳の年齢層で全米トップ10入りを果たしています。

2011年に膝の半月板断裂の手術を受けて以降は他のケガで休むことも多かったが、走ることへの情熱がモチベーションとなり、競技を続けることができたと言っています。
2020年には、なんと生涯走行距離10万マイルを達成しました。

コーチとして

1994年、ジョナサンはパーソナル・ベスト・トレーニングというコーチングビジネスを開始し、あらゆる能力の人々のランニングをサポートし続けています。 彼は、他の人が彼らの潜在的なランニング能力を発揮できるようサポートすることを彼自身も楽しんでいます。

1996年から2013年まで、ハワイ・チーム・アンド・トレーニングのラン・コーチを務めました。
また2002年からカメハメハ校の女子トラックコーチ(10年間)、イオラニ校の女子クロスカントリーコーチ(2008年~現在)として中高生の指導にあたっています。
彼は8~12年生を対象としたアロハ・クロスカントリー・キャンプの創設者兼ディレクター(2009年~)ラニカイ・ジュース・ラン・クラブのコーチの一人(2016年~2020年)です。
ジョナサンは、キャンディーの卸売販売業(A. C. Lyau Company, Ltd.)を経営しており、 妻のケリーも熱心なランナーで、2人の子供(息子と娘)がいます。

今後の目標

・ホノルルマラソンを5年連続で3時間以内に走る第一号になること。
・国内または世界マスターズ選手権トラック競技大会に出場すること。
・ランニングの目標に到達するためのコーチングとサポートを続ける。
・怪我をせずに走り続けること。

Keep running, Jonathan.
ランナーズルートは、彼の今後の目標達成のためにサポートを続けていきます。